治療よりも予防~予防歯科

歯科医療では治療よりも予防が大切といわれています。治療のためにいったん歯を削ってしまうと、二度と再生させることはできません。「病気になってから歯医者に通う」のではなく、「痛くならないように予防のために歯医者に通う」ことが、歯を守るためには重要なのです。

尼崎の歯医者である正木歯科クリニックでは、定期検診やメインテナンスなどの予防歯科も行っています。自宅で行うセルフケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルによるケアを組み合わせて、一生ものの歯を大切に守っていきましょう。

大切な身体資源である口腔内を定期的にケアしましょう

歯は大切な身体資源で、一度削ると元には戻ることはありません。この口腔内の資源を守ることを当院では重視しています。患者様にも理解をしていただいた上で歯科医院と一緒に予防していくことが大事だと考えています。

予防歯科のポイント

予防歯科のポイント

虫歯や歯周病のない健康な歯のためには、毎日の自宅で行うセルフケアが大切です。しかし、歯の表面や歯のすき間にある汚れや食べカスは、セルフケアだけでは落としきることができません。セルフケアとともに、歯科医院で行うプロケアを合わせて行うことが必要になります。また、お口のことの理解を高めることも大切です。

ご自身で行うセルフケア

ご自身で行うセルフケア

虫歯や歯周病を予防するには、口内環境を整えて細菌を増やさないことと、細菌に負けないように歯の表面を強くすることです。

お口の中の細菌を増やさないためには、細菌が潜むプラーク(歯垢)を徹底的に除去することが必要になります。1本ずつ丁寧にブラッシングを行って、歯の汚れを落としていきましょう。とくに就寝中は唾液の分泌が減ってしまうので、寝る前のブラッシングは入念に行うようにしてください。

歯質を強くするためには、「フッ素」の活用もおすすめします。歯の再石灰化を促すフッ素入りの歯磨き粉や洗口剤を選ぶとよいでしょう。洗口剤を使用する際には、お口の中すみずみまで成分が行き渡るように意識していってください。

歯科医院で行うプロフェッショナルケア

ブラッシング指導

ブラッシング指導

患者様一人ひとりの歯の形や大きさ、歯並びに合わせて、最適な磨き方のアドバイスを行っています。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯科医師や歯科衛生士が高濃度のフッ素を定期的に歯に塗布することで、虫歯を防ぐことができます。

スケーリング

スケーリング

プラーク(歯垢)を放置しておくと、石のように固まり「歯石」になります。硬くて落としきれない歯石をスケーラーという器具を使って除去します。

PMTC

PMTC

歯科医師や歯科衛生士が、専門の器具を用いて歯にこびりついた汚れやプラーク、歯石を徹底的に除去していきます。
担当衛生士制を導入しています

担当衛生士制を導入しています

歯を健康に維持するには、長期間のサポートが必要です。当院では担当歯科衛生士制を採用して、患者様一人ひとりの口腔内の健康をお守りしています。患者様の専属で担当することにより、口腔内のちょっとした変化も把握し、適切に管理することを目指しています。

お口や歯に関するお悩みは何でもお寄せください。患者様の歯の状態を一番よく知っている衛生士が、患者様に最適なアドバイスを行います。