歯が痛い、しみる~虫歯治療・根管治療

「歯が痛い」「冷たいものがしみる……」もしかしたら虫歯の症状かもしれません。初期段階の虫歯は自覚症状がほとんどなく、歯の痛みや黒ずみ、出血などで虫歯に気づいたときにはかなり進行してしまっていることも……。

武庫之荘の歯科・歯医者「正木歯科クリニック」は、虫歯治療などの一般歯科を行っています。当院では歯をできるだけ削らない、抜かない治療を目指しています。重度の虫歯に対して行う根管治療の症例も豊富ですので、虫歯の治療は当院へお任せください。

虫歯のない健全なお口を保ちましょう

患者数の多い虫歯ですが、その原因や進行状況、治療法などについては、意外と知られていません。虫歯について理解することにより、健全な口腔内環境を保つことを目指しましょう。

虫歯になる原因の理解から

虫歯になる原因の理解から

歯のすき間や、歯と歯ぐきの間に溜まったネバネバした汚れである「バイオフィルム」。バイオフィルムの中には、虫歯の原因となるミュータンス菌が繁殖しており、歯に付着した食べカスをエサにして酸を作り出します。ミュータンス菌によって作られた酸が歯の表面を溶かすことで穴が空き、虫歯になってしまうのです。

虫歯の進行段階について

虫歯は大きく5つの段階に分けられ、各段階によって症状も治療法も異なります。初期段階の虫歯であれば、歯を削らなくても丁寧に歯みがきするなどによって治療することが可能です。虫歯は早期に発見すれば軽い治療で済む病気なのです。

虫歯の進行段階

[CO]ごく初期の虫歯

[CO]ごく初期の虫歯

[C1]エナメル質の虫歯

[C1]エナメル質の虫歯

[C2]象牙質の虫歯

[C2]象牙質の虫歯

[C3]神経に達した虫歯

[C3]神経に達した虫歯

[C4]歯の根に達した虫歯

[C4]歯の根に達した虫歯

症状と治療法 歯の表面がわずかに白濁した「脱灰(だっかい)」とよばれる状態です。痛みやしみるなどの自覚症状はまったくありません。フッ素塗布や丁寧な歯みがきなどによって、歯を削らずに、表面の再石灰化を促します。 痛みや冷たいものがしみるといった自覚症状はまだありません。表面がわずかに着色したように見え始めます。虫歯菌におかされたエナメル質を少しだけ削りとり、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。 エナメル質の下の象牙質にまで進行した虫歯です。冷たいものや温かいものがしみたり、痛みを感じたりします。虫歯の患部を削りとり、削った部分に詰め物をしたり、被せ物をしたりして修復します。 歯の内部にある神経にまで達した虫歯で、しみるだけでなく、ズキズキと痛むようになります。見た目だけでなく、舌で触っても穴が空いていることが分かるほどです。神経を除去して薬剤を詰める根管治療を行うこともあります。 歯のほとんどが溶けてしまった状態です。神経まで死んでいるためいったん痛みは消えますが、歯根の先に膿が溜まると再び激しく痛みます。多くの場合、抜歯が必要です。歯を抜いた後には入れ歯やインプラント(人工歯根)で歯の機能を補います。

※表は左右にスクロールして確認することができます

当院ではできるだけ削らない・抜かない治療を行っています

当院ではできるだけ削らない・抜かない治療を行っています

当院では患者様の生まれもった歯を大切に考えており、なるべく削らない、できるだけ抜かない虫歯治療を目指しています。歯は一度削ってしまうともろくなり、再び虫歯にかかりやすくなるからです。当院の虫歯治療では削る必要がある場合でも、範囲を最小限にとどめる治療に努めています。

重度の虫歯になってしまった場合の治療

歯の神経に達するなど、重度の虫歯になってしまった場合には、歯を抜かずに歯の根の部分を残す「根管治療」を行います。当院では根管治療の症例も豊富にあります。

歯を残す根管治療とは

歯を残す根管治療とは

「根管」とは歯の神経や血管が入っている細い管のことです。神経まで虫歯菌におかされたような重度の虫歯に対して、根管内の血液や神経を除去し、きれいに清掃してから薬剤を詰めてふたをし、人口歯を被せる治療が根管治療です。

根管治療を行うことによってこれまで抜歯を余儀なくされていた重度の虫歯でも、大切な歯を抜かずに残せる可能性が広がりました。将来にわたって自分の歯を使えるようにするためにも、根管治療は大切な治療なのです。

【1】根管の長さの測定・歯の神経の除去

【1】

根の長さを測った後、血液や神経を取り除いていきます。

【2】薬液による洗浄・消毒・薬剤の充填

【2】

空洞部分に薬を隙間なく詰めて消毒後、密封します。

【3】土台(コア)の埋入・クラウン装着

【3】

セラミックなどの人工歯でできた冠(クラウン)を被せます。

当院では根管治療に力を入れています

当院では、できるだけ削らない、できるだけ抜かないという治療方針から、歯を残すための根管治療に力を入れています。根管は大変細い管で、複雑な形状をしているために、簡単な治療ではありません。当院では高度な技術と豊富な経験を持った医師が、病巣をしっかり確認しながら丁寧に治療を行います。

このように根管治療は手間と根気が必要な治療ですが、日本の保険制度ではしっかりやろうとすればするほど採算に合わないと、ないがしろにされている治療でもあります。これが「根管治療は歯科医師の良心」ともいわれる由縁であります。

「もし自分が患者だったら」の立場でものを考え、手間と暇をかけて根管治療を行い、また通常の根管治療を行っても症状が改善されない場合には、外科的根管治療を行うこともあります。このようにして、当院では可能な限り歯を残すことを目指しています。

安全性の高いニッケルチタンファイルの使用

安全性の高いニッケルチタンファイルの使用

根管内を削って拡大し、汚れの除去を行うために器具です。当院ではニッケルチタンファイルを使用して根管内部を傷つけるリスクを抑制しています。

ラバーダムを使用した無菌での処置

ラバーダムを使用した無菌での処置

治療を行う患部のみ露出させて、唾液や歯の削りかすや血液、細菌などの感染を防ぎます。

レーザー治療について

当院では、CO2レーザー治療を採用し、診療しております。
CO2レーザーは、副作用もなく妊娠中の方、高血圧・心臓病、ペースメーカーの方でも安心して治療を受けられます。

下記の症状に効果的です。

  • 歯肉の漂白

    黒ずんだ歯肉にレーザーを当てる事で、元の綺麗な歯茎を取り戻す事が可能です。

  • 滅菌、鎮痛

    抜歯などの外科処置後に、消炎・鎮痛効果が期待でき、周囲の炎症をふせぐ為に効果的です。

  • 止血

    レーザーを使う事で、止血や回復効果としても期待が出来ます。

  • 虫歯予防

    レーザーの殺菌効果に加え歯質を強化し虫歯の予防効果が期待できます。

  • 歯周病の治療

    健康な歯肉を短期間で取り戻す事が可能です。

  • 歯の神経の治療

    レーザーを使ってなるべく神経を守ることができます。
    また悪い部分だけを取り除く事に向いています。

  • 口内炎の除痛

    口内炎は、レーザーで痛みを取って治すことができます。

  • 知覚過敏の治療

    レーザー照射により高い確率で知覚過敏が改善します。

レーザー治療にご興味がある方は、お気軽にご相談ください。