白い歯にしたい~審美歯科・ホワイトニング

以前の虫歯治療の際の金属製の詰め物や、歯ぐきの黒ずみが気になる方はいらっしゃいませんか? また歯の黄ばみや着色汚れのせいで、歯を見せながら自然に笑うことができない方もいらっしゃるかもしれません。

尼崎の歯医者である正木歯科クリニックでは、審美歯科・ホワイトニングなど、歯の見た目を美しくする治療を行っています。当院では見た目の美しさはもちろん、機能性の高い審美治療にも対応しています。お口の見た目のお悩みは、当院までお気軽にご相談ください。

審美歯科

審美歯科

一般的な虫歯治療では、虫歯菌におかされた患部を削りとってから、レジン(歯科用プラスチック)の詰め物を装着したり、金属やプラスチックの被せ物をしたりします。ところが、白い歯の間では金属の歯(いわゆる銀歯)は目立ってしまい、プラスチック製の詰め物は経年によって変色や劣化がおこります。

審美歯科は、機能回復はもちろん、見た目の美しさも追求しながら行う歯科治療です。白くて丈夫なセラミック素材を用いることによって、まるで天然歯のような再現を目指します。

こんなお悩みありませんか?
「歯を白くしたい」 歯は経年による劣化や、コーヒー、紅茶、カレーなどの濃い食べ物・飲み物の摂取、たばこのヤニなどによって黄ばんできます。白いセラミックによる被せ物を使用して治療したり、ホワイトニング治療を行ったりします。
「歯ぐきの黒ずみが気になる」 虫歯の治療に使われている金属が溶け出すことによって歯ぐきが黒ずむ「メタルタトゥー」の状態になります。レーザーによる治療や、詰め物を金属を使わない素材に置き換えることで、気になる黒ずみを解消することが可能です。
「笑うと銀歯が見えてしまう」 保険適用の虫歯治療では、詰め物や被せ物に金銀パラジウム合金が使用されます。歯ぐきの黒ずみの原因になるため、セラミックなどの素材に置き換えることが可能です。
前歯のすき間を埋めたい お口を開けたときに前歯にすき間がある場合、矯正治療を行わなくても、すき間を改善することが可能です。前歯を薄く削ってから、表面にセラミックを装着して整えます。
詰め物や被せ物の変色してきた 以前の虫歯治療で使われていた歯科用プラスチックの詰め物や被せ物は、経年によって色が黄ばんできます。セラミックの補綴物に交換することで、美しく丈夫な歯になります。
歯が欠けて見た目がよくない 歯のちょっとした欠けや表面の凸凹といった悩みに対しても、審美治療で対応することが可能です。付け爪のように歯の表面にセラミックを貼り付けることで、自然な見た目に仕上がります。
当院では自費診療を無理におすすめはしませんので、ご安心ください

当院では自費診療を無理におすすめはしませんので、ご安心ください

審美治療を行うことで美しい歯を手に入れることはできますが、ほとんどの場合、自費診療であり、医療費は高額です。正木歯科クリニックでは、患者様の状態をきちんと把握し、ご要望をしっかりお伺いしてから、素材や治療方法を検討し、最適なご提案を行うようにしています。

患者様に対しては治療期間や費用などを丁寧にご説明し、ご納得いただいてから治療を開始しています。決して高額な自費診療を無理におすすめすることはありません。相談は無料でお受けしていますので、安心してお話しください。

取り扱い審美素材

当院でお取り扱いしている審美歯科素材をご紹介します。ご要望やご予算に合わせて様々なご提案が可能ですので、お気軽にご相談ください。

オールセラミック

オールセラミック

すべてセラミックだけで作られた被せ物です。天然の歯と見分けがつかないような自然な色を再現でき、光の透過性にも優れています。時間が経っても変色しにくく、金属アレルギーの心配もなく体にも優しい素材です。また、銀歯などと違いプラークを寄せ付けないため、虫歯になるリスクを軽減できます。

e-max

e-max

オールセラミックの一種で、美しく透明性のある審美素材です。内冠に強度の高いジルコニアを使用していない分、耐久性はやや劣りますが、時間が経っても変色しにくく、金属アレルギーの心配もありません。透明性があるため前歯におすすめです。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックと歯科用レジンを混ぜ合わせてできた審美素材です。プラスチックを使用している分、オールセラミックよりも安価に提供可能です。柔軟性がるため咬み合わせによって歯を傷めにくいのも特徴です。

メタルボンド

メタルボンド

内側に金属を使い、その上にセラミック素材を張り付けて作製した被せ物です。内側が金属のため、耐久性に優れている審美素材です。その一方で、透明感が低く、金属アレルギーの心配があります。

ホワイトニング

ホワイトニング

コーヒーや紅茶、カレーなどの飲食物による着色、たばこのヤニ、経年劣化など、どうしても歯は黄ばんできてしまいます。「歯を白くしたい、でも健康な歯を削りたくない……」という方にはホワイトニング治療がおすすめです。ホワイトニングでは、特殊な薬剤を使って歯を漂白していきます。

歯の白さを回復するホワイトニング治療によって、自然な笑顔をとり戻せる方も多いようです。ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがあります。それぞれメリット・デメリットがありますので、ご希望の方法をお選びください。

オフィスホワイトニングについて

オフィスホワイトニングについて

歯科医院で行うオフィスホワイトニングは、歯科医師などの専門家がホワイトニング処置を行います。高濃度の薬剤を歯の表面に塗布し、漂白効果を高めるために特殊な光を照射して歯を白くします。

即効性があり、すぐに白さを実感できる点がメリットです。一方、効果の持続性が低く、色の後戻りしやすい点がデメリットです。

オフィスホワイトニングの流れ

【1】歯のクリーニング 【2】薬品の塗布 【3】仕上げ
口腔内に虫歯や歯周病がないかチェックしてから、歯科医師あるいは歯科衛生士による歯のクリーニング(PMTC)を行います。専用器具を用いてプラーク(歯垢)や歯石を徹底的に除去することで、ホワイトニングの効果を高めます。 歯ぐきと唇をジェルで保護してから、ホワイトニング剤を歯の表面に塗っていきます。歯が痛んだりしみたりしないか、確認しながら慎重に行っています。その後、ホワイトニングの効果を高めるために、レーザーを照射します。 ホワイトニング後には歯の表面に美しいツヤが生まれます。歯をツルツルに磨くことによって、汚れの再付着も防ぎます。最後にアフターメンテナンスについての説明を受けて処置は終了です。
ホームホワイトニングについて

ホームホワイトニングについて

歯科医院で自分の歯型に合わせて作成したマウスピースを自宅に持ち帰り、その中に低濃度のホワイトニング剤を注入して一定時間装着し、歯を漂白する方法です。1日数時間の装着により、2週間~1ヶ月程度で白さを実感できるようになります。

効果があらわれるのに少し時間がかかりますが、その分、色の後戻りがしにくいのが特徴です。低濃度のため、薬剤がしみたり痛みを感じたりすることもほとんどありません。

ホームホワイトニングの流れ
【1】歯のクリーニング 【2】マウスピースの型の採取 【3】自宅でのホワイトニング 【4】歯科医院でのチェック
口腔内に虫歯や歯周病がないかチェックしてから、歯科医師あるいは歯科衛生士による歯のクリーニング(PMTC)を行います。専用器具を用いてプラーク(歯垢)や歯石を徹底的に除去することで、ホワイトニングの効果を高めます。 患者様専用のマウスピースを作製するために型採りを行います。数日後、作製したマウスピースをお口にはめて微調整を行い、使用方法の説明を受けた後、マウスピースとホワイトニング剤を持ち帰ります。 ブラッシングをして歯の汚れを落としてから、マウスピースにホワイトニング剤を注入し、お口に装着します。ジェルが歯の表面に行き渡っていることを確認してください。装着から数時間後にマウスピースをはずし、お口をすすぎます。 自宅でのホワイトニングを2週間程度続けていただき、歯科医院でホワイトニング効果をチェックしてもらいます。一般的に2週間程度で白さを実感できますが、その後も美しい状態を保つため、歯科医院での検診とクリーニングを受けましょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます